2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年03月28日

計画/音

採光と照明では、立体角投射を理解するのに苦労しました。
音響では、まず点音源と線音源がナニモノなのかを理解するのに冷や汗です。
これを理解するのには、対数計算をうやむやにできなくて時間がかかって仕方ありません(涙)。

合格物語さんの音響のweb講義の中で、一巡目は深追いせず解く、そして知識の深追いは2巡目以降からとありました。
で、2巡目が一番きついと。
でもそれは、合格者の誰もが経験していることだといいます。
学習の効果は、知識が体系的に繋がった3巡目以降に発揮されるのだと書かれていました。

さてさて、この点音源と線音源なのですが、合格物語さんのweb講義と並行してこちらの説明に助けられました。

http://www.toa.co.jp/otokukan/otolabo/at2.htm

それから学生時代に対数計算をかる〜く流していた人には(私だけ?)、こちらもお役立ちかと思います。

http://www8.plala.or.jp/ap2/suugaku/taisuu.html#naze

学科3回目にして、初めて深追いして(?)おります。
ここまで深追いしなくても1度は学科をパスしていますし、初受験で落ちた時も(以前点数を告知済み)、計画はそこそことれていました。
試験当日の運もあるのでしょうが、どこまで理解して試験に臨むか・・・
は、個々の自分が納得できる形でやりきれることかなぁ〜と思います。
どこまでやるかうより、どれだけ試験勉強に対して真剣に取り組んだかで
神様は合否を決めてくれてるのかもしれない。
で、やりきったのに落ちた時には、もうヒト頑張りすることでより成長できるチャンスをもらっているんだなワタシ。そう思うことにしようと思っています・・・。
posted by snow at 15:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。