2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年03月30日

計画/設備

春休みといっても子ども達は、部活や塾があって、その時間帯は日によって違います。今夜はテレビから流れる番組を見て、「日曜日だったのか〜」と息子。そんな家族の日常に曜日感覚がすっかり鈍っている
snow mamaです。

計画の設備では、H16年の問題に悩まされました。
顕熱、潜熱、エンタルピーって・・・。
伝熱・結露ですっきりできずにいた「湿り空気線図」が、かぶってきます。
合格物語のweb講義の中でもH16年の問題はかなり難易度が高かったと書かれていたので、私の疑問?は大多数の人の?だったのだと思い、少し気が楽になりましたが。
ですが、今だにすっきりと腑に落ちていないままなので悲しい(涙)です。

H16年は、中央管理方式の空気調和設備が図として出題されてもいます。
H7年は、単一ダクト方式の空気調和設備が図として出題されていました。
設備専門用語を理解せずして、しくみがわかるはずもなく整理と理解に時間がかかっています。
そんな中、ちょっとお役立ちだった説明がこちら↓

     http://www.aqcnet.com/sentei/sentei_02.htm

右上の図はH16年、中段と右下の図はH7年の空調設備の図をわかりやすく、かわいらしく表現してくれている感じです。
posted by snow at 20:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91628703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。