2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年04月02日

計画/消防、消火設備

確認申請書を役所に提出してから2週間が過ぎました。何の連絡(通達)もなくこの期間はどーゆーことだ。
4号物件なんですけど・・・遅すぎます、おかしすぎます。
さすがに本日、確認の電話を入れました。
で、忘れられていたというこわ〜い事実を知ったsnow mamaです(涙)。

ドレンチャースプリンクラー設備

スプリンクラーの目的は、消火。初期火災の消火を目的とする。

ドレンチャーの目的は、防火。隣接する建築物の火災に見舞われた時、その火の粉がこちらに燃え移らないようにするのが目的。

この違いを一緒におさえておくと「ドレンチャー」という用語を使ったひっかけ問題にもひっかからないかも。
 
■スプリンクラー設備の種類は、開放型と閉鎖型に分けられる。閉鎖型には、湿式・乾式・予作動式の3種類がある。

開放型ときたら天井高のある舞台部などに設置されるというのは、過去問の定番(?)かな。
そこんところのしくみが図で書かれていてわかりやすいのがこちら
 
スプリンクラー設備の種類も表にしてまとめられていて解り易いなぁ〜と思います。

合格物語さんのweb講義では、ここ2年間続けて「消火設備」からまとまった出題がないと書かれていました。
消火設備には、スプリンクラーの他にもありますが、覚えれば点数getにつながるところかも。


posted by snow at 19:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科勉強4月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。