2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年04月03日

計画/住宅・集合住宅

今朝は、目覚ましがなる前に目が覚めました。勉強をしてからお弁当を作り(本日は、3人ともお弁当だぁ〜)、そして朝食を用意して、洗濯をして、片づけをして・・・これから一日が始まるのにへとへとになってしまいました。ですが、一通り済ました後にしっかりと朝食をとったら不思議と元気がでてきたsnow mamaです。(身も心も単純)

計画の住宅・集合住宅に出てくる「建築作品」なるもの。
興味のある方ならスラスラと解けるのかしら。
私には、さっぱり、ちんぷんかんぷん。ですが、私のようなちんぷんかんぷん人間も捨て問にするには、この1点は合格を決めるならおしいところ。
そこんところを合格物語のweb講義でも言われております。

単体で知識を吸収しようと思うから、単なる暗記でつまらない、だからしっかりと身につかない。様々な事項と関連づけながら覚えた方が、より効率的に身につきますよ・・・と諭してくれてもいます。

ならば!とボチボチやっていくことにしました。

■芦屋浜高層住宅はこちら
工業化工法による高層住宅団地計画の競技設計実施当選作。空中庭園がある。

■同潤会江戸川アパートはこちら
鉄筋コンクリート造の中層集合住宅。食堂、社交室、共同浴場などの共同施設がある。

■Mポートはこちら
もやい(力をあわせて共同して行動したり所有すること)をキーワードとする。コーポラディブ方式。

■代官山ヒルサイドテラスはこちら
上層の住戸、下層の商業施設オフィスなどが複合された都市型中層集合住宅。

■世田谷区深沢環境共生住宅はこちら
敷地周辺の住民・環境に対する調査・分析を基に「地域に開いた環境共生」と「高齢者等への対応」の2つをテーマとして計画された。

■東雲キャナルコートはこちら
高層板状住棟を用いた囲み型配置による高密度な賃貸集合住宅。住棟の各所に大きなテラスがある。

■ユーコートはこちら
コーポラディブ方式で建設された中層集合住宅。中庭を取り囲むスタイル。その形からユーコートと名づけられた。

■ライブタウン浜田山はこちら
表通りに店舗併用住宅、裏に専用住宅を配置した低層集合住宅。路地的な専用スペースに面して専用庭と2、3階への専用階段が設けられている。

■六甲の集合住宅はこちら
住宅の一部を斜面に沿ってセットバックさせることにより、建築物を急斜面の地形になじませるように配置した集合住宅。

■ガラスの家はこちら
鉄、ガラス、暖炉、コアによる明快な平面構成を持つ。

■軽井沢の家はこちら
屋根は片流れ。RC造の1階の上に大きく張り出した木造の2階を置いた構成。

■アビタ’67はこちら
モントリオール万博時の関係者の一時的住居。コンクリートボックスを組み合わせ、はめ込み、積み重ね、吊り下げて構成した12階建ての集合住宅。

■スカイハウスはこちら
4本の壁状ピロティで高く支えられたガラス張りの住宅。

■塔の家はこちら
区画整理によって生じた小敷地に建つ。RC造地下1階、地上4階の各階に1室を配置した小住宅。

■ファンズワース邸はこちら
鉄骨のフレームと大きなガラス壁、中央の設備コア以外はほとんど間仕切りがない。

ここまで無作為に調べてきたけれど、住宅・集合住宅に分けて整理してみるべきだったと気付く。
う〜ん、そこんところもボチボチとやってみようかな・・・。




posted by snow at 18:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | H20年度学科勉強4月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
snow mamaさん、はじめまして。

各建築作品、一通り見させて頂きました。
やはり、暗記だけで覚えるのは勿体無いし、
いざと言うときに何も浮かんでこないですもんね。
Posted by エムキラ at 2008年04月04日 06:15
エムキラさん、はじめまして。私なんかは、この試験を受けなかったら「建築作品」に触れよう〜なんてことを積極的にしなかったかと思います。せっかくだから、もうちょっと整理してみようと思ったりもしています。時間が許せばなんですけど・・・。
Posted by snow at 2008年04月04日 07:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。