2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年04月04日

計画/公共建築物

子ども達に懇願して30分だけジムに行かせてもらいました。入室時に氏名を記入するのですが、帰る時に名前の欄を見たら、フルネームで書いたつもりの私の名前は、なんと会社名でフル記入しておりました・・・
っとかなり疲れがたまっているsnow mamaです(汗)。

過去に出た学校建築物のみをさらってみました。
数にすればたいしたことはない。&突発的に何がでてくるかもわからない類いの問題のようです。

■浪合村立浪合学校
村の教育、文化活動の中心施設として併設されているのは「保育園、小学校、中学校、公民館」です。
こちらには、保育園や小・中学校の子ども達がどのように関わりながら学校生活を送っているのかが書かれています。

■東浦町立緒川小学校
普通教室、特別教室などの間仕切りを天井吊りの可動パネルとしたオープンスペース型の小学校。教室内の様子と緒川小学校の考え方などは
こちらからみれます。

■宮代町立笠原小学校
子どもの遊び心をふんだんに取り入れたユニークな設計。クラスルームの床面積は通常の1.5倍ある。
こちらからはその様子が沢山の写真を通してみられます。

■加藤学園暁秀初等学園
日本発のオープンスクール。学習センターを中心に16m角のオープンクラスと特別教室が中庭を介してある。
関係者達がアメリカへ留学をして学び、日本発のオープンスクール誕生を誕生させたということがこちらに書かれています。

今日は仕事の途中で、事務員さんが私用で自宅へ10分程でかけました。
で、大きな荷物を持って帰ってきました。
「会社の荷物が、私の自宅に届いてたんです???」と言い、自分の机から注文票の控えを出して確認してみたら送り先を自分の家の住所にしていたことに驚いて(?)いました。

なんですかねェ〜みんな疲れてるのかな。
posted by snow at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科勉強4月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92256884
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。