2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年04月08日

法規/特例容積率適用地区って・・・

太陽が出て沈み、少しずつですが腰の痛みが和らいできているかのように感じているsnow mamaです。

H19年度の進出問題の「コノ言葉」って・・・何者??

特例容積率適用地区 
この制度はH12年の都市計画法及び建築基準法の改正(H13年施工)で創設された「特例容積率適用区域」が、H16年の改正で(H17年施工)で拡充されて「特例容積率適用地区」となったのだそう。

「特例容積率適用区域」の時は、適用対象が商業地域のみだったのに対して、「特例容積率適用地区」では第一種・二種低層住居専用地域と工業地域を除く、9つの用途地域内で定めることができるようになったとのこと。
 
で「特例容積率適用地区とは?」敷地で使われずに残っている未利用の容積を他の敷地に上乗せして使えるという「敷地間での容積の移転」が、指定された同じ地区内で認められるという特例のとのことです。
この時に該当する2以上の敷地のことを「特例敷地」というそうです。

H19年のこの問題は、まちがいなく試験会場にいたら?だったに違いないですね、私。

posted by snow at 19:00| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | H20年度学科勉強4月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年04月19日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。