2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2008年03月31日

計画/電気

ちょっとの気の緩みが重なり続けて早3年、確実に体型は変化している。春を迎えるにあたり、今年は一級建築士を取得し体脂肪とはおさらばしたいと強く思うsnow mamaです。(しっかし、試験突破も難関だけど7kg増の体重を減らすのもかなりの難題だ・・・)

計画の電気設備の問題は、専門的すぎる新問題が出されることが多いようです。
電気関連の問題を解いた後に合格物語のweb講義の解説に目を通す。新問題としてあげられている問題番号を一つ一つ確認してみた。
何度か解いている問題なので、深く突っ込まなくても答えがわかるような感じで解いていたことに気付く。
過去にない新問題のレベルは、異常に高いです。いったい何を言っているのかを深く追求していくと自分の理解の浅かったことに驚いてしまいました。

■進相用コンデンサ(h13年)
■DDC(h13年)
■契約電力(h14年)
■PCB(h15年)
■マイクロガスタービン(h16年)
■接地の目的別区分(h16年)
■スポットネットワーク(h17年)
■受変電設備の負荷率(h18年)
■C、D種接地工事(h18年)
■絶縁耐力試験(h19年)

h13年以降、毎年のように「何コレ??」問題がでているみたいです。
ひとつひとつを調べてみましたが、奥が深いです。
一級建築士って、電気専門業者なみの知識も問われるんですね・・やれやれ。
posted by snow at 21:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

計画/設備

春休みといっても子ども達は、部活や塾があって、その時間帯は日によって違います。今夜はテレビから流れる番組を見て、「日曜日だったのか〜」と息子。そんな家族の日常に曜日感覚がすっかり鈍っている
snow mamaです。

計画の設備では、H16年の問題に悩まされました。
顕熱、潜熱、エンタルピーって・・・。
伝熱・結露ですっきりできずにいた「湿り空気線図」が、かぶってきます。
合格物語のweb講義の中でもH16年の問題はかなり難易度が高かったと書かれていたので、私の疑問?は大多数の人の?だったのだと思い、少し気が楽になりましたが。
ですが、今だにすっきりと腑に落ちていないままなので悲しい(涙)です。

H16年は、中央管理方式の空気調和設備が図として出題されてもいます。
H7年は、単一ダクト方式の空気調和設備が図として出題されていました。
設備専門用語を理解せずして、しくみがわかるはずもなく整理と理解に時間がかかっています。
そんな中、ちょっとお役立ちだった説明がこちら↓

     http://www.aqcnet.com/sentei/sentei_02.htm

右上の図はH16年、中段と右下の図はH7年の空調設備の図をわかりやすく、かわいらしく表現してくれている感じです。
posted by snow at 20:33| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

計画/温熱指標

時計を見て、ダッシュで帰宅。キッチンの洗いモノを片付けて、お米をといで、スーパーに走って、夕食の支度をする。やれやれ、今日もなんとか食事のメニューにブーイングがでなかったとほっとしている
snow mamaです。

「快適な住まいの室内環境」を客観的に計画するために、人間の暑い、寒いといった温熱感覚を数値化する方法を考えたのだといいます。
温熱指標は、人間の感覚というものを数値化するための戦いの歴史そのものだと合格物語さんのweb講義に書かれていました。
そういう見方をすると幾つかでてくる指標を大雑把ではありますが、混乱することなく記憶していくことができる気がします。

■有効温度=ET
温度、湿度、気流の組み合わせで体感を表す尺度とする。最初に人体の温熱指標として開発されたもの。

■修正有効温度=CET
温度、湿度、気流、に輻射の影響を考慮した指標となる。これは、輻射という概念が発見され加わったんですね。

■新有効温度=ET*
温度、湿度、気流、輻射という室内側の要素の他に着衣量、代謝量という人間側の要素も影響するのではないかと考えられました。

■標準新有効温度=SET*
基本とする温熱指標は新有効温度と同じ6要素です。新有効温度を進化させたものと考えるとよいそうです。

■PMV=予想平均温冷感申告
体感温度ではなくて、温冷感を指標にしたもの。これは新有効温度の親戚のようなものとweb講義では表現していて、うまいことまとめるなぁ〜と感心した次第です。

この親戚同士の違いはというと

新有効温度の表示は、20℃、30℃。(湿度50%における気温で表します)
PMVは、−3〜+3までの数値で表現。(その環境の暖かさ、涼しさの程度を0を中立として数値で表します)

詳しくは合格物語さんのこちら

http://www.19get.com/user_19get/update/contents/webcourse/01_kogaku/01_kankyou.html


posted by snow at 19:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

計画/音

採光と照明では、立体角投射を理解するのに苦労しました。
音響では、まず点音源と線音源がナニモノなのかを理解するのに冷や汗です。
これを理解するのには、対数計算をうやむやにできなくて時間がかかって仕方ありません(涙)。

合格物語さんの音響のweb講義の中で、一巡目は深追いせず解く、そして知識の深追いは2巡目以降からとありました。
で、2巡目が一番きついと。
でもそれは、合格者の誰もが経験していることだといいます。
学習の効果は、知識が体系的に繋がった3巡目以降に発揮されるのだと書かれていました。

さてさて、この点音源と線音源なのですが、合格物語さんのweb講義と並行してこちらの説明に助けられました。

http://www.toa.co.jp/otokukan/otolabo/at2.htm

それから学生時代に対数計算をかる〜く流していた人には(私だけ?)、こちらもお役立ちかと思います。

http://www8.plala.or.jp/ap2/suugaku/taisuu.html#naze

学科3回目にして、初めて深追いして(?)おります。
ここまで深追いしなくても1度は学科をパスしていますし、初受験で落ちた時も(以前点数を告知済み)、計画はそこそことれていました。
試験当日の運もあるのでしょうが、どこまで理解して試験に臨むか・・・
は、個々の自分が納得できる形でやりきれることかなぁ〜と思います。
どこまでやるかうより、どれだけ試験勉強に対して真剣に取り組んだかで
神様は合否を決めてくれてるのかもしれない。
で、やりきったのに落ちた時には、もうヒト頑張りすることでより成長できるチャンスをもらっているんだなワタシ。そう思うことにしようと思っています・・・。
posted by snow at 15:24| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

計画/採光・照明

小・中・高校に通う子ども達が、一斉に春休みに入りました。
母は、食事つくりの仕事が増えるし、毎日の生活のリズムも子ども達に振り回されてくるいまくることが多くなる長期休みです。

本日は、計画の採光・照明です。
ここでは、まず、昼光率がどういうものなのか、
そして昼光率を立体角投射率を用いて求める方法。
測光量の種類とどのような使い方をするのか。
逐点法による照明計算。
などなどが理解すべきことのポイントかなと思います。

■昼光率
 採光による室内の明るさを知る指標。
 直射日光を除く屋外の照度に対する室内の測定点の照度の比。
 全天空照度が変化すると照度も変化する。ですが、昼光率は比を用い るため、その比率は一定である。(=変動しない明るさの指標)
 昼光率=直接昼光率(窓からの直接光)+間接昼光率(室内で反射した 光)

*ここで 
□全天空照度とは
 全天空(ある平面上から上の天空を指し、遮る物がない完全な空)から 投射される天空光(太陽光のうち直射日光を除き、天空のあらゆる方 向から地上に到達する光)による屋外の水平面照度のこと。

■立体角投射率
 天空率とも呼ばれる。
 空からの直接光による明るさの指標。
 ある立体角をもつ面の底円への投影面積S”が、底円に対して占める 割合のことでありこれは、ほぼ昼光率に等しいものとして考えること ができる。

*ここで
□天空率とは
 従来は、一定距離における高さは定められた高さが一律にかかってい た(道路、隣地、北側斜線などによってかな)が、天空率(空の見える 部分)を利用することによって建築可能空間を創出できるようになっ た。(斜線制限がかかっていた部分でも建築可能になる部分が、でき るというかんじ)。
 路面での天空率は、直接的には路面の天空光による明るさを表す量に
 なる。

□立体角とは
 空間上、半径1mの球を考え、球の中心を頂点とするような円錐を考え る。この円錐によって切り取られる球面の面積のことを立体角と定義 する。


・・・と今日は、この辺で
posted by snow at 22:08| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

計画/環境

用語の整理 熱

熱伝導 
 熱が物質内を移動すること。
 ↓ここをおさえておくと外壁内部の図がでてもこわくな〜い(?かな)
 材料の温度差が大きい→熱があまり伝わっていない→熱伝導率が小さい  (断熱材など)
 材料の温度差が小さい→熱がよく伝わっている→熱伝導率が大きい(コン クリート躯体などの断熱性の低いもの)
 
熱伝達
 熱が固体から気体(流体)へor気体(流体)から固体へ移動すること。

熱貫流
 空間に壁があるとすると熱伝達→熱伝導→熱伝達という総合的熱の伝わ  り。

熱伝達率
 材料の熱の伝わり方を示す。軽い(比重が小さい)ほど熱が伝わりにくい。
 ↓勘違いしやすいところでしょうか・・・
 ここで、比重とは「単位体積あたりの物質の重量」で
 比重が小さい木材は、熱が伝わりにくく熱伝達率が小さい。
 比重が大きい鉄骨材は、熱が伝わりやすく熱伝導率が大きい。

熱伝達率
 熱の伝達のし易さ。
 対流熱伝達率とは、気体(流体)側が自然対流によってのみ流れている状態 での熱伝達率をさす。

熱貫流率
 壁で隔てられた2つの流体間の熱の伝わりやすさ。

さらに突っ込んで用語の整理

気体
 一定の形、体積をもたず流動性に富むもの。

流体
 気体と液体の総称。外力に対して容易に形を変える性質のもの。水や空気
 に代表される液体と気体をまとめて「流体」と呼んでいる。

かさ密度
 =かさ比重。一般の密度は、物質自身が占める体積だけを密度算定用の体 積としている。かさ密度(かさ比重)とは、内部に空隙があり、その空隙の 体積も含めた時の密度を一般の密度と区別してかさ密度(かさ比重)という
 表現をする。
 これって何モノ?すんなり理解できませんでした。わかってしまえば単 純なことなんですが・・・。
     
posted by snow at 11:45| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

多忙だけど

昼間の仕事と家事に子育てしながらの受験生mamaの日常に
いろいろな予定がくい込んできます。
どれも大切な事なので、勉強したいからって理由で
知らんぷりもできないし、
すると自分時間を削除するしかなくなってしまいます。

で、すっかりブログが停滞してました。
 
ですが、ゆっくりながら勉強は進行しています。

勉強方法は
不明な用語を調べたり、曖昧なことはその都度確認して理解するようにしながら知識を身に付けたいと思ってやっています。
せっかく合格しても単に丸暗記だったり、覚えたことを忘れてしまうのでは
合格した先の実務では、適用できない有資格者になってしまうように思います。
今回の勉強では、それだけは避けたい・・・。
今覚えている知識は、実際に合格後にも生きてくるものであり
つながっている線上にあるものとしたい。
学習スピードが落ちているように感じたりするのですが、せっかく、わざわざ勉強するのだから、出来るだけ実になる知識を得るようにしたいと思ってやっています。

posted by snow at 11:43| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

今朝は

今朝は、4時起床。
構造の力学の部分で、時間をひっぱっています。
できるだけ理解して問題を進めていきたいと思うので
ネットや本で調べてると一問にずいぶん時間がかかってしまう。

でも、以前勉強をしていた時は
ただただこなすしか時間的に許されなかった状況と比べると
勉強を楽しめている部分もあるかもしれない。

ですが、やはり時間は有限なので、
そこんところを意識しながらやりまっしょ。

posted by snow at 20:54| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

私の肩書き

昨日は、母方のいとこの結婚式に行ってきました。
道内とはいえ少々遠方なので、日帰りは疲れました。

久しぶりに身内が顔を会わすと
子ども達の成長に驚きます。
叔父や叔母からみると私も子どもだった一人にあたいするのだと思いますが・・・。

親戚の間では、既に私は、一級建築士という肩書きに
何故かなっておりました。(ハテ??)

試験を受けている事も口外していなかったはずなんですが、
皆さんが、私をすごいと絶賛したり
一級建築士の○○ちゃんなのよ〜
という紹介をされる始末で (トホホ)

最初は、否定をしていたのですが
そのうちにめんどーになってしまい
笑って流して時を過ごしました。

数年に一度しか会わない遠方の方々もいるので
今度お会いする時に本物の一級建築士になっているからね!
お許し下さいませ・・・



■私に元気をくれた言葉■

 どんな「自己像」を描くかで人生は変わる
 
 あたなの人生はあなたの思い描いたとおりになる。
posted by snow at 20:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

予期せぬ事態

先週、子どもが咳をしていたので大事をとって早めに
病院へ連れて行きました。
とても身体の弱い子なので、体調を崩されると私の生活も崩れてしまうんです、がたがたに。

出してもらった薬を飲み始めてから症状が、日に日に悪化。
咳にはたんがからみ、鼻水はどろどろとでる。
薬を飲みきる5日目には、38度の熱がでたのには驚いた。

再度、診察を受けたのですが初診で喉が赤くないからと言って
しなかった検査を今回も赤くないですねぇといいながらもしてくれました。
これで、症状悪化の原因が究明できました。

原因がわかり症状にあった薬を飲むとすぐに熱は下がり、
咳と鼻水まで落ち着いてきました。
ですが、熱があると学校から呼び出されて半日つぶれて
さすがに翌日は、学校を一日休むことになり参りました。

事前に十分に気をつけていても思わぬところで
つまずくことがあるんですね。

今週は、そんなこんなを含めて子どものことで
ふりまわされた一週間でした、トホホ・・・。


勉強の進み具合はというと
構造は、施工のようにはいきません。
力学は、もっと理解を深めたくなりネットで本を注文。
時間がかかるのは仕方がないし、かける事が悪いわけでもない。
今一度、ムリのない計画を立て直そうと思ってます。


■私に元気をくれた言葉■

 この世で起こる全てのことが、あなたを進化、成長させる原動力








posted by snow at 21:45| ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

構造に突入

ようやく構造の問題集に入りました。
これは以前使っていたものなので、
一問目から考え方の工程を確認しながら解いています。

合格物語のweb講義では、静定構造物、不静定構造物は
どのようにでも問題がつくれるので、点がとりづらい
とありましたが、初受験ではないので、やはりそこからページを
めくりました。

で、トラスの切断法にきて 手が止まっています。
過去の勉強では、解くことに精一杯で
基本的なことが理解できていないまま
解いていたし、そこそこ(?)解けていたような気がしてきました。

時間がかかりそうで心配だけど
(こんなことやっていていいの〜みたいな)
全体の予定が狂いそうなんだけど
ちょっと時間をかけてやってみようと思ってます。

仕事では、ちょっと心配していた申請図面も
本日、使用しているソフトのインストラクターの方がきてくれて
使えるのに使っていなかった機能を確認できたので
これを使いこなせば、時間短縮になりそうで、ほっとしてます。

明日は、中学校の給食モニターのお仕事で
またまた日中、私用timeをとります。 

しっかり食べて、楽しんでこ〜よ〜〜

ってそういう集まりじゃあないか・・・






■私に元気をくれた言葉■

 できないことははじめから自分の前にあらわれたりはしない
 
posted by snow at 21:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

お出かけすると・・・

今日は、子供のことで、朝からお出かけでした。
一番下の子は、障害のある子なのですが
今は、普通の学校へ通っています。
その子の先々の進路に向けて、今年一年は、いろいろと動かねばなりません。
本日は、その第一歩。
なんだか、ぐったり疲れましたねぇ。

一日私用で使うと仕事は、おせおせになるし
勉強への気力は失せるし
ついでに家の中は、ちらかってるしで
ちょっと憂鬱な心持です。

施工の問題集は、一巡したので
次は、構造です。

しっかし、今週の日程は厳しいなぁ〜〜


死ぬ気でやれば 不可能はないよね!?

■私に元気をくれた言葉■

 他人と比べない
 常に自分のスタート地点から 自分がどれだけ進んだかを
 基準に考えること
posted by snow at 19:01| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

桃の節句

3月3日は、桃の節句です。
子どもが大きくなってくると
揃って食事をすることが難しくなってきます。
我が家には、娘が二人いるので
一日早い雛祭り〜
と言っても、いつもよりちょっとだけ「おいしそー」
な食事を家族で囲んだだけですが、済ませました。

女の子の幸せを願うという節句を
毎年、義務(!?)のように恒例にしています。

ですが、ごめんなさい。
母は、今年、お雛様をだしませんでした。
っていうか、忙しさにかまけていたら
この日が、あっという間にきてしまったという感じです。

来年は、このような事のないように
試験勉強に追われなくてすむような日常にすることを誓います。

■私に元気をくれた言葉■

 今、自分にできること
 頑張ればできそうなこと
 小さいことを重ねることで
 遠くの大きな目標が近づいてくる
posted by snow at 18:56| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

雪降ってます

今日の早朝は暖かくて、子供と気持ち良く外を歩きました。
ですが、
正午頃になると雪が、降り始めて
暗くなる頃には、吹雪いていました。

静岡では、桜が咲いたとTVで流れていましが
北海道は、3月に入っても まだまだ寒いです。

今日の勉強は、施工です(まだ。)
 
防水工事、タイル工事、左官工事

材料名や工法名、数量、寸法など少ない出題数なのに
盛り沢山って感じです。

2巡目の今は、理解することにとどめてますが
今日予定していた範囲をクリアできませんでした。

なにせ もう 脳みそが限界です・・・。


■私に元気をくれた言葉■

・途中であきらめなかった人が、ご褒美をもらうのだ。
posted by snow at 21:43| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科試験3月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。