2009年

兼業主婦の独学受験
一級建築士

2009年01月26日

1月25日(5日目)

合格物語教材

1)○×問題集

 計画

 09.公共建築

 10.商業建築

 11.建築史

 12.マネジメント

 構造(文章題)

 01.木材、木質系材料

 02.コンクリート

 計:1時間35分

2)音声教材(ウォークマン)

 計画

 計:20分

勉強時間の合計:1時間35分+20分=1時間55分

休日は、お休みスイッチが入ってしまいます。

朝は、いつもよりゆっくり寝ていたいのだけど

息子が通常どおりの時間帯で、学校へ行くので

起床時間は、いつもと変わりなし^^;

高校生、中学生を順番に送り出して

小学生の娘と過ごしながら

隙間を見つけて勉強してました。

昨年までは、もっと日曜日に集中して勉強時間を

確保してたんだっけと思いだしました(+o+)


継続は力なり

これが何事をも達成するための王道だと思うから

一日一日、頑晴りますか(^−^)
posted by snow at 08:48 | TrackBack(0) | 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

1月24日(5日目)

合格物語教材

1)○×問題集

 06.都市計画

 07.住宅、集合住宅

 08.事務所建築

 計:55分

2)音声教材(ウォークマン)

 計画

 計:20分

勉強時間の合計:55分+20分=1時間15分

我が家で朝一番起きるのが早いのは、私です。

お弁当と朝食の用意をしているコノ時間は、

家族がまだ寝ているので、音声学習をしながらの

ながら族で過ごせます。

子ども達が動いている時間帯は、話しかけられた時に

即答してあげれなくなるので、聞きながら・・・の

勉強はしないようにしています。

昨夜は、きゃあ〜〜勉強する時間がなーい(+o+)と

あせりながらも、机にむかえば

なんとか時間の捻出ができました。

一日休むと次の日もまた

休むことが平気になってしまう

ずるずる癖のある私は、とにかく継続できて○ですね

posted by snow at 08:10 | TrackBack(0) | 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

1月23日(4日目)

合格物語教材

1)○×問題集

 計画

 01.建築計画

 02.各部寸法等

 03.開口部等

 04.高齢者、身障者等

 05.防災計画

 計:55分

2)音声データ(ウォークマン)

 計画

 計:20分

勉強時間の合計:55分+20分=1時間15分


この試験、合格を目指して1回や2回のチャレンジで合格できたなら

勉強期間は、ひたすら頑張る精神で進めるんだと思う。

私のように5年目=5回目のチャレンジともなると

がむしゃらに突き進むには、一度立ち止まって

今まで受けてきた試験で何故、不合格になったのか?

勉強の取り組み方の問題や

自分の性格的上の問題は?とか

本当にコノ資格が自分にとって必要なのか?

今までの自分を振り返り、洗い出して

建物でいえば基礎になる部分を

しっかりとしたものにしないと

違う結果は得られないように思う。

それと資格をとってもこの資格を生かしきれないのではとも思う。

多分、それらの答は自分の中に既にあって

それに気づけるかどうか・・・

勉強は、一人でもくもくとやるものだけど

自分の中にある答を見つける作業は、

一人でもくもくと考えるよりも

人から気付かされるものなんだと最近思う。

昨日、友人とたっぷり話したら

見えてなかった自分の思いが、見えてきて

なんだかすっきりしてきたSNOWでございます(^−^)

で、勉強時間はかなり少なめという結果ではありますが・・・(^^ゞ



posted by snow at 08:30 | TrackBack(0) | 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

1月22日(3日目)

合格物語教材

1)○×問題集

 06.日照、日射 昨日の続き

 07.日影

 08.音響

 環境、設備(設備) 

 01.環境

 02.給排水、衛生設備

 03.空調設備

 04.電気設備

 05.省エネルギー

 計:1時間50分


2)音声データ(ウォークマン)

 環境、設備(設備)

 計:30分

 勉強時間の合計:1時間50分+30分=2時間30分

日常の中に子どもの送迎というのが入ってきます。

迎え時間というのは、5分〜10分くらいの誤差がでて

待たされたりするんですけど

昨夜は、JR駅に息子を迎えに行ったら

駅前で車に乗り待機している私に息子からメール

「汽車が遅れているみたい」と息子。

「えっ、どれくらい?」と私。

何度かやりとりをしたのですが、普通列車というのは

何分遅れているとか

何故遅れているとか

そんなアナウンスが全く流れないらしいです。

後5分かな、後10分かな・・・

と時間の経過を気にしながら待つこと30分もうやだ〜(悲しい顔)

な、なんてことでしょうダッシュ(走り出すさま)

さっと迎えに行って、さっと帰ってくるつもりだったから

待ち時間に何かをするなんて考えてもいなくて

ただボーとして30分間。

主婦にとって30分は、貴重すぎる時間なんですよぉーたらーっ(汗)


受験勉強を生活の中に組み込むと

5分、10分でも貴重な時間に変わるんですよねぇ。


 
posted by snow at 08:57 | TrackBack(0) | 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

1月21日(2日目)

合格物語教材

1)音声データ集+紙ベース資料

 05.照明

 06.日照、日射

 07.日影

 08.音響

 計:2.0倍速で30分

2)○×問題集

 05.照明

 06.日照、日射 問1〜20

 計:45分

3)音声データ(ウォークマン)

 環境・設備(環境)

 計:1時間

 勉強時間の合計:1時間15分+1時間=2時間15分

音声データ2.0倍速の音声を録音。

結構、手間がというか時間がかかってしまいました(^_^;)

この日の夜は、他の勉強会があったので

試験勉強時間が、削られてしまいました(^^ゞ

ちょっと情けなくなって娘にこぼすと

「そんな時もあるよ・・・」と慰められ、

「でも明日も同じなら終ってるけどexclamation」と言われました。

ごもっともですもうやだ〜(悲しい顔)

本日、気合を入れて一日を過ごそうと決意していまするんるん

posted by snow at 08:48 | TrackBack(0) | 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

1月20日(1日目)

合格物語教材

1)音声データ集+紙ベース資料
 
 01.環境

 02.換気

 03.伝熱

 04.色彩
 
 計:2.0倍速で40分

2)○×問題

 01.環境

 02.換気

 03.伝熱

 04.色彩

 計:1時間20分

初日勉強時間の合計:2時間


何から、どう手をつけようか

方向性が見えないと動けなくて

だからといって、一日のばしにしていても

良いアイディアが浮かぶ訳でもないと思い

H20年度受験の残り1ケ月程前から取り組み始めた

教材を利用してみた

「合格物語」の教材も利用の仕方は、いろいろあるだろうに

なかなか全てを使いこなせないうちに

昨年は、試験がきてしまったという感じだったんですよね


まずは、スタートすることでモチベーションを

アップしていこうと思いますexclamation
posted by snow at 08:37 | TrackBack(0) | 計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

2009年はじめに

プロフィールにも書きましたが私の受験歴は

■H17年初受験 学科(資格学校)×

母であり、主婦であり、仕事ありの上に
3番目の子は、乳幼児期より療育手帳障害のA判定を持つ子でした。
その子が小学校3年生になった頃に周りの環境に恵まれて
助けてくれる方達に支えられるような状況にまでなり
「ようやく自分のために何かをやる事が考えられるようになった」
それが、この資格受験のスタートでした。

■H18年学科(独学)合格・製図(資格学校)×

二度目の学科試験は、初受験で家庭そっちのけ状態で
学校に通い勉強をしたために
「今年も通わせて」などとは、家族に言えませんでした。
なので、この年より学科は独学です。
しかし、製図はというと
何の情報、知識もない事と試験までの期間が短い
ということで、学校へ通わせてもらいました。
ですが、こちらの都合で周りの方達よりも
早くに教室をあとにして帰宅していました。

■H19年製図角番(独学)ドボン

学科製図com.&ウラ指導というサイトと出会いました。
自宅にいても製図勉強ができることを知りました。

■H20年学科(独学)過去最悪の結果で沈没。

合格物語の教材を中心に勉強してました。
資格学校では、理解する間もないうちに
次から次へと進んでいってましたので、
合格物語さんのサイトと教材を通して
理解することを中心にした勉強をしていました。

この年の受験の時は、春に両親が交通事故で入院。
3番目の子を育てている時にも出ていた体調の悪さがでて
外を歩いたり、車を運転したり、スーパーへ行くなどの
日常生活をすることがツライという状態になっていました。


2008年8月にブログの投稿をして以来
病院へ通うこと
そして資格取得のことは、おいといて

自分がこの先、どのように仕事をしていきたいのか
その方向性をさだめたくて
ぶれない自分をもち前に進みたくて
いろいろと試行錯誤をしていました。

一年に一度の受験のために
365日のほとんどが、勉強のことで頭がいっぱいになってしまうので
なかなか自分の人生の棚卸しをして
自分と向き合うことができないし
また、合格という一つの目標に向かっているので
その充実感で、考えなくてすんでしまったりして・・・

そんな受験勉強から離れていた私が、
ようやくブログにもどって来れたのは、
自力ではなくて人が与えてくれた気付きによってです。

今朝、私のところに届いたメールを読んで
同じ受験生の方の正直な心の葛藤や状況が書かれていて
こうして声を掛けてくれる方とのご縁があるということは
多分、迷い、迷い、一日のばしにしていることに対して
背中を押してくれているんだろうなぁ〜と感じました。
(無宗教です^^;)

私も含めて長く受験をしていると
いろいろと迷ったり、落ち込んだりすることもあるかと思います。

なんで、一級建築士になりたいの?
自己満足のためにやっているの?
何かを手放せば、何か別の物が入ってくるかもよ!

そんな声を全て払いのけて
「何が何でも取得するまでやる」
と言い切るには、家族あり、生活ありの身では
勇気のいることです。

一年一年、一生懸命やると言っても
一年を見送るたびに
自分も成長をして勉強のスタイルも変化していってます。

今年は、頑張るではなくて頑晴る(*^_^*)

そして成功者ではなくて成幸者になれるような
社会人受験生を目指して進もうかと思っています。
posted by snow at 16:12 | TrackBack(0) | 2009年はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

今すべき事

学科試験が終わった後に結果報告をした時にいただいたアドバイス。

私は、自分がちょっと試験合格を目指すには勉強の仕方がズレていたのでは

ないかと言った。

「一年の学科ブランクがあるわけで、方向がズレていたのではなくて

時間が足りなかったのだと思いますよ」

「この試験を模擬試験だと思って、学科勉強を継続して来年の今に焦点をあ

てて考えてみては・・・」

等と沢山の言葉をいただいた。

自分の心の中の思いが、人からの言葉でクリアになった気がした。

そうです、7月27日の模擬試験が終わった。

何が足りなかったのかを一枝、一枝、読み込みながら考える。

試験まで時間があったなら、まだ、やりたい事があったはず。

不完全燃焼だった部分をこれから継続してつぶしていく。

今日は、本試験の3科目の構造とにらめっこ。


「snowさんは、学科試験に受かっていたとしたら 今何をしていましたか」

と問われた。

そうですねぇ〜〜まちがいなく、製図に向けてアクションを起こしていたと

思います。

何から手をつけて良いのかは、わからないけれど

昨年めいいっぱいやった製図資料を今日は、ひっぱり出してみている。


資格勉強は孤独なのだけれど、自分の背中を押してくれたり

心の中にある思いを言葉にしてくれたりする人達がいてくれて

節目の8月1日も僅かながら試験に向けての勉強は継続中です。
posted by snow at 20:38| ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | H20年度学科試験8月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

節目の月変わり・・・

今日は7月最終日、明日から8月なのですね。

学科試験が終わってから一週間とたっていないけれど

月が変わると一区切りつける節目となるなぁ〜。

私はといえば、本試験問題と向き合い

一日一科目ペースで眺めています。

あくまでもさらっと・・・。

学科試験が終わってみて、やはり身体は疲れているようで

しばしスローペースでいきます。

スローペースながらも「継続」することが、今は大切なのだと思っています


昨夜は娘の友人がお泊りしました。

何だか慌しくて、疲れが倍増してるかなぁ〜〜

試験が終わると同時に家族孝行もしなければならないんで

忙しさは変わりなしですね。


posted by snow at 21:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科勉強7月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

一次試験は分岐点

学科初受験の後は、結果が微妙だと知り(施工の足切りか・・・!?)

ひたすら勉強で走り抜けた開放感の中を発表の日まで過ごしていた。

学科2回目の後は、必ず合格している!(やはり施工が微妙だが)と

信じながらも発表を見てから製図を勉強すればいいと思い過ごしていた


学科3度目の今回は、惨敗は確定している。

2日間は、バタバタと過ごしていた。こんな風にボケッとすることなく

やはり追われるように何かをやっていたら、勉強する時間を確保してき

たことが信じられない〜〜と思うようなペースで一日が終了してたりす

る。

試験が終わり3日目の今日から勉強再開!です。

まずは、試験問題と向き合うと決めていた。

本当に今年は難しかった??のか・・・私にとって。

やってきた事が、ずれていたのか??

そこんところは、今一度この100問と向き合わずして答えは出せない

んだと思う。

できる人から見たら、ちょっとズレてんじゃない?と映るかもしれない

し、私の足りない処が手にとるようにわかるのかもしれない・・・

ですが、自分で気付かなければ今の状況を変えることはできないんで

のろまなカメ状態かなぁ〜と思うけど

2日休んで、残り364日!

私の試験日までの挑戦が始まりました


終ったのは、一次試験です。

一級建築士の資格を目指す者にとって、

この一次試験の結果がどちらに転んでも

今、試験を忘れて過ごすには、ちと早すぎるんだということ

をこの試験と向き合って4年目にして気付きました。

posted by snow at 22:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | H20年度学科勉強7月記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/0ewmnibwkidp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。